ウーマン

沈黙が重要

ハート

復活愛を望む人は実はかなり多くいます。男女問わず多く存在し、復活愛に関する本や特集をしているメディアは非常に多いです。復活愛に関するメディアがこれだけ多いのは、それだけ復活愛が難しいということを示しています。多くの人は、復活愛を望んでいながらその逆の行動をとってしまうがために失敗してしまうのです。必要なのは沈黙の期間です。多くの人は、別れた相手に未練がある場合、自分の悪かった点を変えるから復活しようと迫ったり、友達として親しい関係を維持することで再度チャンスを狙おうとしてしまいます。しかし、これは振った側からすると逆効果の行動です。どのような理由があったにせよ、一度つきあった相手を振るというのは相当の理由があります。その気持ちが強いうちに執着や未練を見せると相手はよけいに心が離れていってしまいます。復活愛を望むなら、あっさりと別れを受け入れ、最低半年間ほ一切の連絡をたつ必要があります。メールもなし、SNSでのやりとりやいいねなどのスタンプもなしです。職場が同じ場合は、拒絶してはいけませんが、単なる他人、同僚に対する態度に徹することが重要です。時間をおくことで、気持ちを落ち着かせ、相手から見て手に入らない存在に自分を変えていくことが可能になるのです。半年たって何の連絡もなければ、相手の様子を気遣う短文メールを一通のみ送ります。返事は求めず、ごく軽い調子で送ります。その様子を見て次のアクションを考えるとよいでしょう。まずは半年間の沈黙が必要ということを肝に銘じておきましょう。