ウーマン

ヨリを戻す願掛けのルール

手相

気持ちの在り方が大事

別れたけどヨリを戻したい相手は思い浮かびますか、と聞いた時に思い浮かぶ方もいることでしょう。思い浮かべる以前に思っている方や、何かしらのアピールを仕掛けてみようかと考えている方もいるかもしれません。もし、おまじないに興味があるのであれば復縁おまじないを試してみてはいかがでしょうか。おまじないなんて信用性に欠けると思われることもありますが、願掛けの一種なので自身の気持ちにためにもなります。では、復縁目的のおまじないを行う上で大事になるルール及びマナーについて説明していきます。ルール及びマナーを守り行うことで、おまじないの効力が現れやすいとされているので知っておくと良いでしょう。まず、最も大事なことは気持ちです。強く思うことが第一ですが、その思いは私欲ではなく純粋に好きと思うことです。子どもでも大人でも純粋に好きではなく、相手を考慮しない私欲な好意を抱くことがあります。例えば相手が既婚者であったり、恋人がいたりなどの事情がある時には復縁を望むのはワガママな私欲となります。誰かと恋愛的な関係性がない場合は秩序のあるお付き合いをできる可能性があるため、復縁を望むことができます。復縁したい相手の事情が分からない場合は何とも言えませんが、何よりも純粋な好意という思いを忘れてはならないのです。純粋な気持ちで思わなければ、おまじないは逆効果を現します。純粋な好意でおまじないを行うことで、自分磨きへの意欲向上や精神安定などの効果も発揮されます。おまじないは願掛けですので、願う行為です。神様へのお願いも純粋でないと聞いてくれないことと同じで、おまじないでも純粋な思いが重要なのです。